ロゴ

更年期障害の症状を薬やサプリメントで軽減させよう

婦人

更年期障害の症状とは

更年期障害は、40代からの閉経になった女性に多いです。最近では若年性の女性や男性にも症状があることがあります。主な症状は、ホットフラッシュと言われる多量の汗が出ます。突然多量の汗が出るのでびっくりすることも多く、寝ていても汗が出るのでタオルを用意して寝る方も少なくありません。その他にも、体がほてり熱っぽかったり、イライラしたりする感情があります。やる気が起きず1日中何もしない日が続く方もいます。更年期障害の症状は人により軽い方もいれば重く、日常生活が困難になる方もいます。症状の緩和には、サプリメント、食事、薬などがあります。中高年になり体や心の状態に変化がある方は早めに婦人科へ受診すると良いでしょう。

女性

どんなサプリや薬が効果的か

更年期障害になる原因には、女性ホルモンの現象があります。女性ホルモンに似た栄養がある大豆類を食べると症状が緩和します。サプリメントなどにも大豆に含まれるイソフラボンがあります。その他には、婦人科で処方される薬が効果的です。薬なので副作用がありますが、医師と相談しながら服用できます。食べ物も重要ですので積極的に大豆製品を取り入れると良いでしょう。日常の生活習慣の見直しをするのも対応策です。睡眠を十分取り、規則正しく生活することで体内の環境が良くなります。ストレスを蓄積しないで適度に発散することも大切です。ゆっくり一人になれる時間を持つのも良いでしょう。また、誰かに話を聞いてもらうカウンセリングを受けることも対策です。